よっしゃ活動 夜間サテライト事業 活動報告(ブログ)

3/17(土)淡路島・冒険の森に行ってきました

投稿日:2018-03-19 更新日:

3月17日(土)、朝からマイクロバスとワゴン車をレンタルして、子ども15人&スタッフ13人とゲスト4人(総勢32名)で淡路島・冒険の森(兵庫県・淡路島)へ出かけてきました。

当日は絶好のお天気

SAから見えた明石海峡大橋

前日が雨降りだったので心配していた天気も、めちゃ良くなり、午後からは汗ばむ陽気となりました。

淡路島までは、子どもたちはマイクロバスの中でワイワイ話したり、なぞなぞ大会をしたりしながら道中を楽しんでいました。
何度もお世話になっている冒険の森。今回も大人も子どもも、めいっぱい遊んできました。

まずは、冒険の森のコミじい&Komiさんに、みんなでご挨拶。

スープに入れる具材。大量です。

その後は、お昼ごはんの準備をして、

自分のオニギリは自分で握る

自由に森を探索、遊びまわりました。

おいしいご飯と森の遊びを堪能

お昼ごはんのメニューは、薪で炊いたご飯で、それぞれ自分で握ったオニギリと、餅入りの具沢山の2種類味のスープでした。

淡路島産のお野菜の差し入れもあり、美味しく健康的なランチでした。

午後には、ゲスト参加の森田ゆりさんによるヨガの時間もあり、
大人も子どももゆったりと、楽しく過ごしました。

野外遊びはやっぱり楽しい

冒険の森は、子どもが子どもの責任で、自由に工夫して遊んでいいという場所(もちろん大人もすごく楽しめる場所)。
普段、ゲームやアニメやYouTubeに夢中な子どもたちが多いので、野外で思いっきり遊ぶ体験は大切だなと思っています。

どんぐりを割って食べたりもしました

西淀川にもこんな場所があって、子ども時代にいっぱい遊べたらどんなにいいだろうなと、訪れるたびに思います。

残り火でマシュマロを焼いてみたり

今回も、野外ならではの子どもたちのいろんな会話や、いつもと違った表情がたくさん見られました。

子どもたちは、帰りのバスでも元気でまだまだ遊べる感じでした。

初参加の子たちも楽しんでいて、ほんとに良かったです。

多様なスタッフに感謝!

毎回、大所帯となるので準備が大変なんですが、
準備を引き受けてくれた土間部メンバー(普段 夜間サテライト事業を支えてくれているスタッフ達)、カマドの廻りをがっちり引き受けてくれた熟男組、運転手を引き受けて下さった賛助会員のノックさん、ありがとうございました。

運転手を引き受けて下さったノックさん

また、貴重な休日を調整して早起きして集まってくれたボランティアのみなさん、参加してくれたすべてのみなさんに感謝です。
本当にお疲れさまでした!

冒険の森のコミじい&Komiさん、大変お世話になりました!

ぜひ来年度もまた企画したいなぁと思います! が、予算がピンチか…!?(汗)

(ナオト)

-よっしゃ活動, 夜間サテライト事業, 活動報告(ブログ)

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2018 AllRights Reserved.