代表あいさつ

「10年間で次世代に」という前代表の設立当初からの表明により、2018年4月1日に代表理事を正式に引き継ぎました。代表として各方面へのご挨拶ができておらず、ご迷惑をおかけしている節につき、心よりお詫び申し上げます。

わたしは、立ち上げ時(当時27歳)からスタッフとして現場に長くいますので、出会った頃には想像できなかったり、新たな道を踏み出せているのだなと子どもの力を実感することが多くあります。

たとえば、初めは目も合わさず隣席の母親を介して無言のやりとりだった男子が、「いっしょにごはん!食べナイト?」での数年間で、いつしかモノマネ等でふざけあったり、人前で詩の暗唱朗読をしたり、調理も上達しながら、長い不登校から脱して現在は高校生活をエンジョイしています。
また、別の中学生男子(当時)は、「高校行けなかったら家を出ていけ」と親に言われ「卒業したら公園で暮らすしかない」と抱え込んでいました。こちらの活動へ誘っても来なくなったので、何度も訪問しては玄関先で話を聞いたり、個別の勉強会をしました。「友だちはいない」「先生には迷惑をかけたくない」「親には言えない」などの本人の深刻さは周りには伝わらず、わたしたちが学校や関係機関に出向いて話し合いながら、ギリギリのタイミングで進学でき、いまは高校生活とバイトもがんばっている姿を見かける度、こちらが励まされる気もちになります。

事務局前の広場でのイベントの様子

いっしょに時間を重ねるうちに、スタッフのほうも少しずつアンテナがよくなり、子どもたちが気持ちを伝える場面が増えてきます。「しんどいわ」「もっとこんなことがしてみたい」「あのときイヤだった」と言い合いながら、だんだんお互いの持ち味が出てくるところがけっこう楽しく、この活動の醍醐味かなと思っています。

10周年記念シンポジウムにて スタッフ集合写真

多くの方々に支えられて、これまで拓いてきた10年間を活かしながら、子どもの心に届くための子ども支援を継続していきたいです。
今後の10年間も励ましていただけますよう努力しますので、より多くのみなさまのお力添えをよろしくお願いいたします。

NPO法人 西淀川子どもセンター
代表理事 西川 奈央人(にしかわ なおと)

(2018年4月 活動報告紙「よっしゃ」より)

 

前代表(西川日奈子)のあいさつはこちら

投稿日:2018-09-12 更新日:

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2019 AllRights Reserved.