これまでの歩み

歴史 〜西淀川子どもセンターのこれまでの主なできごと〜

1996年

・ぼうしの会(西淀川子どもセンターの前身)の活動を開始

・CAPのワークショップを多数開催

2005年

・西淀川区アクションプランに参加

2007年

・ぼうしの会と西淀川区アクションプランの仲間が集まり、「西淀川子どもセンター」を立ち上げる(9月)

香蓑会館を事務所に相談室を開始

2008年

・NPO法人格を取得(3月)

・「よっしゃ」地域セミナーを開催、ここから地域セミナーがスタート(5月)

・大阪市が初めて募集した市営住宅の空き住居有効活用の団体に選ばれ、事務所を現在の御幣島住宅に移転。同時に「ぽぴんず文庫」を開始(9月)

2010年

・大阪市住まいの情報センターとのタイアップ企画事業、「若い力で未来を開け」を開催(2月)

・2009年より行ってきた「てらこや活動」が本格的にプロジェクトとして始動(4月)

・西淀川子どもセンター主催の、公募によるCAPワークショップをスタート(7月)

・「あおぞらイコバ」にて、はじめてのクリスマス文化祭を開催(12月)

2011年

・ぽぴクックを開始(11月)

・十三の「Slow Cafe 大阪」にて、 第2回 クリスマス文化祭を開催(12月)

2012年

・「人生まだまだこれから」パネル展示を開催(3月)

・西淀川子どもセンター5周年記念シンポジウムを開催(10月)

・竹島会館にて、 第3回 クリスマス文化祭を開催(12月)

2013年

・大阪市市民活動推進助成事業として、「夜間サテライト準備事業」を実施(6月〜14年3月)

2014年

・夜間サテライト事業「いっしょにごはん!食べナイト?」を開始。

 

 

助成金事業

赤い羽根共同募金

キリン財団

大阪市ボランティア活動振興基金

独立行政法人 福祉医療機構 「人生まだまだこれからプロジェクト」(2011年8月~2012年3月)

公益財団法人 大阪コミュニティ財団「ええやん!やるやん!プロジェクト」

公益財団法人 日本社会福祉弘済会 「よっしゃ地域セミナー」(2012年4月~2013年3月)

パナソニック地球市民活動支援プログラム

子どもゆめ基金「てらこや 野外活動研修」(2013年6月~現在)

大阪市市民活動推進基金助成事業 「夜間サテライト事業」(準備のための勉強会等)(2013年4月~2014年3月)

JT NPO助成事業 「夜間サテライト事業」(子ども達の夜の生活支援本格実施)(2014年4月~2016年3月)

キリン財団「ハートプロジェクト」(2014年4月~現在)

第5回 阪急阪神 未来のゆめ・まち基金(2014年度)

 

投稿日:

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2017 AllRights Reserved.