夜間サテライト事業 活動報告(ブログ)

お誕生日リクエストメニュー

投稿日:2018-06-26 更新日:

本日のボランティアシェフ ケメさん・ゆたかさん

6月23日(土)、第4回目の夜間サテライト活動を行いました。
本日はボランティアシェフの日で、ケメさん・ゆたかさんがシェフに来てくださいました。

先日誕生日を迎えたA君のリクエストからメニューはハンバーグになりました。
子どもたちの誕生日前後にリクエストメニューを実施しています。今回は今年度初めてのお誕生日リクエストメニューの日になりました。

子どもたちは遊びに夢中!!

ボランティアシェフの日は、いっぱい遊べるのでみんな大好き。
今日もみんなのびのび過ごしました。おしゃべりをしたり、レゴをしたり...

そんな中、初挑戦したのがモノポリー。
もともとミニサイズなのか、あったのがミニだったのかは分かりませんが、細かな備品を分けるのに一苦労。
よし!やろう!となった時には遊んでいたテーブルにホットプレートが置かれ、「片付けてや~」の声。

きれいに分けた備品を再びぐちゃぐちゃにして、片付けました(笑)

がんばる大人たち

子どもたちが遊んでいる間に頑張ったのが、大人たち。子どもと大人、合わせて総勢17名。
全員分のハンバーグをこねて、形を整えるのは大変だったようです。

子どもたちに楽しんでもらおうと色々な形に挑戦するスタッフ。
定番の楕円型、丸型、ハート型、ドーナッツ型、三角形もありました。

やっていると楽しかったようで、ボランティアスタッフの感想には「ハンバーグの形作り、大人たちが楽しんでいました。」という声も。

ボランティアスタッフの中にも普段は料理をしなかったり、苦手だったりという人もいます。(書いている私も含めて)
子どもだけじゃなく大人も一緒に色々な経験ができるのはこの活動の魅力の一つだなぁと思います。

今日の主役Aちゃん!?

ご飯ができて、「いただきます」をする前に必ずシェフの紹介とシェフの方から本日のメニューの説明をしてもらいます。

本日のシェフであるケメさんが「今日誕生日リクエストをくれたAちゃんはどの子かな?」と聞くと、みんなの頭には?マークが。
今日の誕生日はA”君”だったのです。('Д')

スタッフが一生懸命、ハートなどの可愛い形を作っていたので、ケメさんはA君のことを女の子と思っていたようです(笑)
「そうやったんや!」と驚くケメさん。みんなからはほっこりとした笑いが起きました。

みんな揃って「いただきます。」一生懸命作っていただいたお料理はどれも絶品でした。
ケメさん、ゆたかさん本当にありがとうございました。

お決まりの裁判官ゲーム

 

子どもたちの流行りは、やっぱり裁判官ゲーム。
とても気に入ってくれているようで、毎週お決まりとなっています。

裁判官ゲームでは裁判官になった人が他の参加者3名に犯人はだれだと思うか話を聞くことができます。
(犯人や共犯者に話を聞くと嘘を言われる可能性がある。)
3名は裁判官が自分が話を聞きたいなと思う人を選べるのですが、最近は挙手制になっていて、みんな意見を言いたがります。
「あの辺の人が動いた気がする」とざっくりした答えでいいのですが、この頃は「あの人が動いた!」とはっきりした情報が。
そして、やっていくうちに叩き方で犯人が分かるように。
叩かれた人は話せませんが、強さや角度などで犯人が特定できるようになりました。

何度もやっているうちに飽きてしまいそうなものですが、どんどん楽しみが増えているようです。

 

活動の最後には仕事で沖縄に行ったスタッフからお菓子のお土産。

 

「紅芋タルト」と「ミルクくんぺん」を頂きました。
みんな口の水分もっていかれるわ~と言いながらも、美味しそうに食べていました。

大阪北部地震の後、初めての活動でした。子どもたちの中には、家のお皿が割れたり、夜眠れないという子が何人かいました。
大きな被害はありませんでしたが、これからもしっかり様子を見守っていかないといけないと改めて思いました。

また、ボランティアスタッフの中では避難経路の確認や避難場所の確認をしっかり行いました。
いざという時の備えをしっかり整えたいと思います。

(ひかるん)

-夜間サテライト事業, 活動報告(ブログ)

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2018 AllRights Reserved.