イベント情報・お知らせ 活動報告(ブログ)

プールで大はしゃぎ!!

投稿日:2018-08-31 更新日:

8月18日土曜日、認定NPO法人プール・ボランティアさんにお誘いいただいて、門真市にあるラクタブドームのプール開放に参加してきました。プールボランティアさんは障がい者も高齢者も、健常者と同じようにプールに行き、楽しく安全に「水」に親しむことができるよう活動されています。さまざまなイベントでご一緒させていただき、ご縁があって今回はプール開放にご招待いただきました。ありがとうございます。

朝からバタバタと

朝の8時過ぎには子どもたちと集合。夏休みに入り、子どもたちの生活リズムの乱れが気になる時期です。
心配はしていましたが、集合時間になっても待ち合わせ場所に現れない子も。夜型の生活になってしまい、起きられなかったようです。
頭が痛く体調が悪いようで、プールはお休みになりました。
せっかくのお楽しみに参加できないのはとても残念でした。日々の生活までサポートができるようにと私の今後の課題となりました。

なんやかんやとバタバタしましたが、何とか揃って出発。車で門真南まで向かいました。
現地で集合するスタッフとも無事に合流でき、集合時間にもしっかり間に合いました。ゆとりのある時間設定で良かったです。

大きな施設に驚きながら入口を入ると、プール・ボランティアの皆様が温かく迎えてくださいました。
代表の岡崎さんや副代表の織田さんもお声かけくださり、緊張しながらこちらもご挨拶。

大きなプールで

 

入水前にはしっかり準備体操をし、プールに備えました。
子どもは楽しいプールにワクワク、大人は久しぶりのプールにドキドキで始まりましたが、怪我もなく楽しい活動になりました。

泳ぐのが苦手と言っていたAちゃん、浮き輪を持参して参加してくれました。浮き輪に入って水にぷかぷか。
最初は静かに浮いていたAちゃんもテンションが上がってわいわい、ばしゃばしゃ。
みんなに「(浮き輪を)引っ張って~」と頼んでみたり、浮き輪を外して潜って遊んでいる事もありました。

Bくんは夜間サテライトの活動ではのんびりと過ごしている印象で、プールはとかはどうなんかな?と思っていましたがプール・ボランティアさんから貸していただいた大きなビーチボールでバレーをしたり、鬼ごっこでは積極的にスタッフを妨害して盛り上げてくれました(笑)陸での鬼ごっこは、年齢によってスピードに差が出てしまいますが、慣れない水中での鬼ごっこはみんな必死で、バレないように水に潜って近づいたり、タッチされないように浮き具でガードしたり。時には誰かを盾にしたりして、工夫しがいがあって面白かったです。

お気に入りの浮き具たち

プール・ボランティアさんが用意して下さっていた浮き具は可愛いものが多く、子どもたちに大人気。
まずは大きなスイカ柄の円盤浮き具。定員は何人なんだろう?と心配しながらも、2名で乗ってもびくともしない立派なスイカでした。
スタッフが上に乗ってのんびりしていると、いたずら好きのみんなは円盤をひっくり返そうとしてきます。
スタッフを落とそうとみんなで協力する姿がとても微笑ましかったです。

そして、ハムスターの回し車のような浮き具。中に入ると走れそうな気がして、挑戦するCちゃん。
水に落ちてしまっても、諦めずに何度もチャレンジしていました。
不安定で走るには至りませんでしたが、ハイハイしながら水の上を進む事ができました!達成感を感じた瞬間です。

なかなかできないプール活動

とてもきれいな施設で、プールも大きく、のびのびと遊ばせていただきました。大人も子どもも完全燃焼。
普段は室内での活動が多く、身体を思う存分動かして遊ぶという機会はなかなかありません。
そんな中でこのような機会をいただけて、いつもと違ったとてもキラキラした表情の子どもたちを見ることができました。
また、水の中での活動に不安もありましたが、しっかりサポート頂き、とても安心して楽しめました。

プール・ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

(ひかるん)

-イベント情報・お知らせ, 活動報告(ブログ)

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2018 AllRights Reserved.