活動報告(ブログ)

「ゆめ・まち わくわくWORKプログラム」実施しました

投稿日:2018-01-26 更新日:

2018年1月20日(土)、「ゆめ・まち わくわくWORKプログラム」を開催しました。その様子をご紹介します。

阪急電鉄株式会社さまより出張授業に

先日、当ページでもご案内しておりました、「ゆめ・まち わくわくWORKプログラム」を、西淀川区社会福祉協議会(ふくふく)3階・会議室にて行いました。

このプログラムは、阪急電鉄株式会社さまの社会貢献事業「阪急阪神未来のゆめ・まちプロジェクト」による出張授業です。

クイズやワークを通じて、様々な仕事と自分の興味とのつながりを子どもたちが考える、良い機会となりました。

当日は、申し込みのあった西淀川区内の小学校4年生から中学3年生まで12名の子どもたちと、ボランティア7名が参加しました。

子どもたちは、4つのテーブルに分かれてグループでワイワイと話ながら楽しい雰囲気で2時間のプログラムを過ごしていました。

夜間サテライト事業など西淀川子どもセンターの活動に参加している子どもたちも何人かいましたが、それぞれに「おれこんな仕事興味あるわ」「私こんなことしてみたい」などつぶやいており、2時間の時間を集中して参加していました。

自分の新しい興味や関心に気づく機会になったのでは

世の中にはいろんな仕事があって、子どもたちの可能性は無限にあると思います。

しかし、子どもたちにとって「仕事」「働き方」というのは、身近な大人やこれまで出会って来た大人の仕事のイメージが大きい場合が多い気がします。そのため、とくに限られた人間関係の中だけで育っている子たちは、いろんな選択肢があることを感じにくいんだなぁと感じることがよくあります。

今回のプログラムは、大人スタッフも一緒のテーブルにおり、自分が子どもだったらこんな仕事もいいなぁと考えながら楽しく参加させてもらいました。

子どもたちにとって、自分の新しい興味や関心に気づく機会になったのではないかと思います。

休憩時間には阪急電鉄の駅員さんになれる体験も (写真は学生ボランティア・けろ&よっち)

講師で来ていただいた阪急電鉄株式会社さま、会場のご協力をいただいた「ふくふく」の皆さま、どうもありがとうございました!(ナオト)

-活動報告(ブログ)

Copyright© NPO法人 西淀川子どもセンター , 2018 AllRights Reserved.